ウエディングレポート

N.Nさん ♥ Y.Aさん

なんでもない時間も楽しんでもらえるように 【挙式日】2018年4月8日

なんでもない時間も楽しんでもらえるように 【挙式スタイル】
人前式
【挙式列席者】
親族・家族24名/友人・知人72名
【披露宴列席者】
親族・家族24名/友人・知人72名

やりたいことをゲストに受け入れられるように

なんでもない時間も楽しんでもらえるように 「受付に一工夫加えたい!」「挙式で変わった演出がしたい!」などやりたいことは式の流れとしては蛇足になりがちですが、上手く盛り込めるよう一緒に考えていただきました。その結果、「新郎になれる顔出しパネル」や「エスコートカードも兼ねたメッセージウォール」「みんなで考える新郎の誓いの言葉」など常識に捉われない演出が盛りだくさんでゲストに楽しんでもらえました。

当日の雰囲気を左右する大切なひととき

なんでもない時間も楽しんでもらえるように 挙式は式当日の雰囲気を決める一番大事な時間なので、ゲストの方々がリラックスできるよう努めました。新郎新婦入場の前から司会の方に空気作りをお願いし、式中にもみんなが参加できる企画を用意しました。みんなが和やかに笑ってくれると自分たちもリラックスできていいスタートが切れたと思います。笑い、歓声、静寂、どれもを神秘的なものにしてくれる素敵なチャペルでした。

小さな気配りが大きな盛り上がりに!

なんでもない時間も楽しんでもらえるように キャッチコピー付きの席次表や前撮りの写真を活用したメニュー表など、ゲストの周りのものはできるだけ自分たちで手作りし、「遊び」を散りばめました。披露宴では各卓で写真を撮ったり、お色直しで退場したりと全員と関われない時間も多いので、このようなゲスト同士で話しをするきっかけとなる小物は大変好評でした。ゲスト同士で話していただけると会場全体が賑やかになり、出し物もやりやすくなり盛り上がりました!

プロに任せて、とにかく楽しむ

なんでもない時間も楽しんでもらえるように 覚えることが多いと緊張してグダグダになるので、当日はなるべく負担がかからないように式場の方に任せるようにしました。どの担当者も私たち以上にゲストを楽しませようとしてくれていたので安心して任せることができました。親族にも終わってから「ここの式場の人たちはみんな初めて担当したんかってくらいイキイキと楽しんでサポートしてくれてたね」と言われるくらいでした。笑、おかげさまで当日は段取りを全く気にせず自由に楽しめました!

フェア予約 資料請求 来店予約